底地

底地とはなんだろう?活用法や投資の知らない世界をのぞいてみよう

● SITE MAP ●

底地と専門業者

黄色の家

まず、底地とは借地権が付いている土地のことを指します。土地を使用したり収益する権利を売却した後、土地の所有権だけが残っている状態の土地です。借地権者は、その土地に建物を建築し住居などに使用します。ここ日本の場合、旧借地法や借地借家法などにより借地権の存続期間が長ければ長くなるほど借地人の法的利益が保護され同じ土地にかかる借地権の価格が底地の価格よりも大きくなることが多々起こっています。底地の経済価格は、貸借人から賃貸借契約の存続期間中支払われる現在価格と、その期間の満了後所有権者が使用収益の機能を回復することによる経済的利益の現在価値の合計に相当します。
底地に関しては少し複雑なところがあり、底地の状態では半永久的に地主が利用することが出来ずに、しかも市場での第3者への売却も簡単ではありません。また、土地の相続時には権利関係がとても複雑になります。
近年、土地価格の高い首都圏ではこの底地を利用したビジネスが活発になってきています。しかし、そのような業者の中には借地権者に立ち退きを強要したり、高い価格での底地の買取を迫るなどのトラブルも多数報告されています。複雑な底地の管理が難しい場合は、きちんとした業者に相談することをオススメします。

● ピックアップコンテンツ ●

TOP