底地

底地とはなんだろう?活用法や投資の知らない世界をのぞいてみよう

● SITE MAP ●

複雑な底地の問題

青色の家

土地の所有者や物件を探している方なら一度は底地という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、底地はとても複雑で理解できている方は少ないと思います。実際、底地の保有者である方でも、底地の意義の理解があまり出来ていない方が多いのが現状です。
底地は簡単に言いますと、「土地の所有者」と「土地を利用できる人」が違うということです。つまり、ひとつの土地でありながら、所有者と使用者が二人存在する訳です。それでも少し分かりにくいと思いますが、土地の所有者が使っていない土地を貸し出すとします。
その土地を貸し出した時点で、所有者には土地を自由に使える権利がなくなってしまいます。土地を所有していながら、自由に使える権利を失ってしまう、つまり土地を利用できる権利を譲ることになるのです
。借り手は自由に使える権利は手に入れることが出来ますが、土地の所有者ではないので、税金を支払う義務は発生しませんが、賃金の支払いは行わなくてはなりません。また、自由に土地を使えますが、自分の土地ではないのでその土地を売買したり、貸し出すことは出来ないのです。底地は一見複雑なようですが、借り手と所有者が二人いる土地と理解しておくと良いでしょう。

● ピックアップコンテンツ ●

TOP