底地

底地とはなんだろう?活用法や投資の知らない世界をのぞいてみよう

● SITE MAP ●

底地ってなんだろう

赤色の家

不動産投資で知っておくべき単語の一つ、「底地」について、ご存知の方はそれほど多くないのではないでしょうか。「底地(そこち、と読みます)」とは、貸借権(たいしゃくけん、と読みます)や地上権などといった、さまざまな権利が付帯している土地のことを指す言葉です。
たとえば、底地にはすでに建物が建っていて、そこに誰かが住んでおり、地主の方に賃料が入っていたり、あるいは建物を建てた人が、誰かにさらに転貸(てんたい。また貸しすることです)をおこなっている場合などが代表的です。
土地のうえに建物が建っていると、地主さんはその土地を売買するとき、建物を借りて住んでいる人のことをまったく考えずに話を進めることはできません。底地には、その土地を所有している地主さんの権利と、その土地やそこにある建物を借りている賃借人側の権利、両方が関係しているということになります。
底地を新しく購入する場合、権利が複雑であるため、考えなければならないことは普通の土地よりも多くなるのですが、その土地を上手に所有すれば、元からある建物に関する賃料や各種手数料などといった、賃借人に関する収入の権利も同時に獲得できるので、場合によってはとてもお得な投資になります。

● ピックアップコンテンツ ●

TOP